カテゴリ:メモ( 12 )
お知らせ
皆様、クーさんの病気でご心配いただきありがとうございます。
ブログに書くかどうか迷いましたが、少し状況をお話したいと思います。

クーさんはGWすぎた頃からだんだん食欲が落ち、原因が季節的なものなのか、調子が少し悪いだけなのかわかりませんでした。しかし、先週中頃から食欲が極端に落ち、なんとなく元気がなくなって来ました。そして、金曜日に、寝てばかりで全然食べず、動かなくなってしまったので病院に連れて行きました。病院ですぐわかる病気の検査をしたところ、エイズや白血病のたぐいではないことはすぐわかりました。しかし貧血を起こしていることと、タンパク質のグロブリンの量が多いことがわかりました。いろいろなケースがあることを説明されましたが、特に症状として近いのはネコ伝染性腹膜炎、略称FIPと呼ばれる病気でした。この病気は専門的な機関での血液検査を必要とするので、その結果を待つことにしました。その結果が昨日の夜中に届きました。

結果は陽性で、FIPを発症していることがわかりました。このFIPという病気は不治の病で、伝染のメカニズムから治療方法まで、全くわかっていない謎の病気でした。ウェト型とドライ型というのがあるのですが、クーさんはドライ型でした。そして、延命することは出来ても助かることのない病気だということもわかりました。癌などと同様、若いと進行が早く、あまり長くないだろうと医師に言われました。

もう数週間で1歳というところなのに、1歳前後まではという話をよく聞きますが、まさかクーさんがそうなるとは思っていませんでした。クーさんがどれくらいがんばれるのかわかりませんが、出来る限り長生き出来るように付き合おうと思っています。そこで、勝手ながらしばらくブログはお休みさせていただこうと思います。

いつも見に来ていただいて本当にありがとうございます。クーさんも見ていただいてたいへん喜んでいると思います。量子さんは元気いっぱいなので、そのうちブログを再開すると思いますので、また見に来てください。
[PR]
by squbit | 2008-05-27 22:48 | メモ
多頭飼い-9日目
クーさんが昨日から便が出ていないのでたいへん心配しました。
夜になっても出ないので、過去を考えると早めに何か手を打った
方がよいかと思い、オリーブオイル小さじ1杯にドライフードを
少し混ぜたものを食べさせました。
数粒なんですが油っぽいせいか半分くらいしか食べませんでした。
が、なんと5分後、大量の便が出ました!ああ、一安心。
それも下痢とかではなく、普通の便です。ちょっとした便秘ですね。
油を食べさせるのはたいへん有効だとわかりました。

そしたら、つられて量子さんまで続けて「連れうん...」
一度に片付けられていいですけどね、続けては臭い~。

それからツーショットが増えてきました。2匹で寝ることも。
それと、互いに舐め合う場面も。
どちらかというと量子さんがクーさんを舐めることが多いですが。
量子さんを選ぶときのきっかけになった甲斐甲斐しい舐めです。

便も出たし、2匹で寝るし、とりあえず多頭飼い成功ということで。
互いに子猫同士だったからよかったのでしょう。
でも、クーさんのフォローは大切だと実感しました。
あんなに落ち込んだというか元気の無いのを見るのは始めてでしたから。
どのサイトや本にも、先住猫はいつもより面倒を見るように書いてありますが、
それを実感しました。たった、1ヵ月半でも先住は先住なんですね。

子猫だから出会って直ぐ仲良くなってくれるかな~と、
淡い期待をいだいていました。
それから考えるとだいぶ時間かかりましたが、
相性が悪くて手が付けられないとかにならなくて良かったです。

クーさんのがんばりに拍手!よくできました!
[PR]
by squbit | 2007-10-08 22:58 | メモ
多頭飼い-8日目
食欲もだいぶ戻り、だんだん元気になってきました。
だいぶ慣れたようで、我々にも気を配りはじめました。
便が出ていないのと、水を多く飲むのが気になりますが、
それ以外は通常通りに戻りつつあるのでよかったです。

ツーショットが増えてきました。
今日は2匹で連結して寝ていました。
写真撮ろうとしたら起きてしまいました。
乞うご期待。

もちろん運動会と取っ組み合いは継続しています。

昨日書くのを忘れましたが、量子さんお風呂に入れました。
多少暴れましたが割と楽でした。短毛なので乾くのが早い。
ペタッとした毛がフサフサです。
[PR]
by squbit | 2007-10-07 21:48 | メモ
多頭飼い-7日目
1週間過ぎました。

今日はなるべくクーさんと遊んであげようとするのですが、
クーさんは量子さんに遠慮しているようで、自分がしたくても我慢して、
先に量子さんに譲っている様子。
水を飲むときも途中で量子さんが割り込んでくると譲ります。
それがストレスになって体調が悪いのかも。やさしいな~、クーさんよ。
再び便が少しゆるくなってしまいました。

食欲はあるようなので、もう少し自分を出せるようになればいいのかも。
全く悪戯をしないので、よい子過ぎて心配です。
運動会や首相撲は元気よくしているので、もうちょっと構ってあげようと思います。

量子さんは相変わらずです。流石!
[PR]
by squbit | 2007-10-06 22:41 | メモ
多頭飼い-6日目
クーさん、やや復活。
食欲が若干ありませんが、便も元に戻りましたし、走り回るようになりました。
しかし、なんとなく静か。
今まで手を出すと噛みまくっていたのですが、素直になでなでさせてくれます。

ちょっと大人になったのかな~?
量子さんを嫌がっているというわけではないようなので、
愛情を量子さんに少し奪われているのが寂しいのかな?
いつも以上に気にしてあげているのですが、量子さんと運動会ばかりしていたので、
最近いっしょに遊んであげていないので、それが悪いのかも。
明日は休日なので、なるべく構うようにしてみます。

量子さんは相変わらず元気いっぱい。
悪戯が少しエスカレートしているくらい。
[PR]
by squbit | 2007-10-05 23:49 | メモ
多頭飼い-5日目
朝、クーさんが便をしたのですが、色が薄く若干消化不良気味。
昨日の夜、やけに水を飲むなと思っていたのですが、少し調子が悪いのか?
単に水の飲みすぎか?

昼ごはん時に段々元気がなくなり、半分も食べませんでした。

季節の変わり目で調子が悪いのか、多少のストレスか?
それとも、量子さんに追いかけられるのがショックなのか?

しかし、夕方になってだいぶ復活。暴れるようになりました。
ご飯を少なめにしましたが、全部平らげました。
元気になった様でよかったです。

元気無いおかげというか、量子さんにあまりちょっかいを出さないので、
平穏な関係が続きました。運動会の回数も、取っ組み合いの回数も
昨日より少な目です。

明日になって元気になったらまた運動会かな...
[PR]
by squbit | 2007-10-04 23:40 | メモ
多頭飼い-4日目
朝起きてすぐ量子さんをケージから出し対面させました。

前日とそれ程変わりなく、やっぱり大運動会してます。
3時間続けて走り回っているとさすがに疲れるようで、2匹で同時に寝てました。
先ほどアップした画像はそのときの寝ている様子です。

少し変わったところと言えば、互いに追いつ追われつを繰り返すところでしょうか。
前日はクーさんが量子さんを追いかける場面が多かったのですが、今日は追っては逆転して追われる、というようになりました。

それと首相撲というか寝技が増えたくらいでしょうか。

仲良く何かするとか、いっしょに寝るとかはまだありません。

量子さんがストレスからか前日の夜、下痢をしていたので心配しましたが、今日は大丈夫なようです。

夜になると、量子さんが1匹で遊び、それを見守るクーさんという状態が少しありました。それまでは、疲れるまで運動会をして見守ることはなかったので、そろそろ落ち着いてきたのかな?それとも飽きたのか、単に疲れたのか?


もう少し様子を見てみま~す。
[PR]
by squbit | 2007-10-03 23:03 | メモ
多頭飼い-2日目、3日目
2日目

午前中は忙しかったので、量子さんを別室に連れて行きました。
量子さんは、初日の夜30分程度放しただけで、家に馴染む時間をとっていなかったので、別室で自由にさせました。すると、走り回るし、登るし、バリバリするし。
彼女もいろいろとストレスがあったと思うので、思う存分に自由にさせました。

さて、一方クーさんは、何事もなかったかのように自由に遊んでいましたが、量子さんの入っていたケージは臭いが残っているようで、慎重に確かめていました。
昨日、量子さんの暴れる様子を見ていたので、自分もやりたかったのか、臭いを嗅ぎ終えたら、敷いてある新聞紙をバリバリしてケージの中で暴れていました。

そのまま午前を過ごし、午後になって食事を終え、互いに一眠りして落ち着いた頃を見計らい、今度は、量子さんをキャリーに入れて部屋の中に入れてみました。

クーさんは、「なんだなんだ」とすっかり量子さんがいることを忘れたようで、キャリーに向かって行きました。
しかし、「あ、量子がいた」とびっくりして、互いにシャーと威嚇。クーさん後ずさり。

量子さんは意外と余裕で、キャリーの中でリラックス、寝ようとします。
クーさんは近づいては逃げ、近づいては逃げを繰り返しました。
このまま1時間放置しましたが、量子さんが出たいと言い出したので、また別室に隔離。

夕方になって、今度は量子さんをケージに入れご対面。

クーさんはもちろん興味津々で、1m位まで近づいてはうなり、離れるを繰り返しました。
気を紛らわしたくなったら、少し遠くで遊ぼうとじゃれてきます。
昨日は遠くからもじっと量子さんを見ていたので、同室でそれが出来るようになったのは進歩。
それでもケージから3m以内に行くときは慎重になり、なんか境界線があるような感じ。

最後に別室にクーさんを入れ、量子さんを30分程度自由に放して遊ばせ、その後ケージに入れて就寝。クーさんは我々といっしょに寝る特別待遇にご満悦。


3日目

朝から寝室を出ると、早速クーさんがケージに近寄り睨み合い。しかし威嚇はそれ程しません。

寝るときにケージに毛布を掛けるようにしていたので、毛布をはずすと量子さんが遊びたいと鳴きます。
すると、今日のクーさんは勇ましく、徐々にケージに近づいて行きました。

量子さんが威嚇しても、クーさんも威嚇して、量子さんがあきらめて遊びを始める状況。
クーさん初勝利?

しばらくして、ケージ越しに猫パンチをし合うようになりました。
威嚇鳴きはほとんどしません。たまにクーさんがうなる位。
クーさんがたまに、走って遠くへ離れ、量子さんは遊びとクーさんの相手を交互にします。
量子さんはとにかく外で遊びたい、甘えたい様子。

ちなみにケージは、量子さんの顔が小さくてスリムなので、一番大きな網を抜けて外に出れるため改造。
そういえば、クーさんも家に来た当時、ケージをすり抜けて出てきましたっけ。
そこですり抜けられないように100円ショップで買ってきた網を外に付けました。

c0130958_2240568.jpg


要塞のようになってしまいました。早くはずした~い。

それがよかったのか、たまたまですが、猫パンチをあまり自由に出来ないため、激しい喧嘩にならずよかったです。
後で他のサイトを見ると、ケージに網を張るとよいと書いてありました。たまたまですが、よい効果がありました。

しばらくすると、仲良さそうな感じに猫パンチをゴロゴロしながらしているので、あれこれは行けるのかと思い、直接合わせることにしました。

最初はクーさんを抱いて量子さんを放し様子を見せて、今度は入れ替えて、量子さんを抱いてクーさんに臭いを嗅がせたり見せたりしました。これを2回ほど繰り返し、特に威嚇することもなく、互いに興味を示していたので、放してみました。

すると、量子さんは家の中を回りたかったようで歩き始めます。その後をクーさんがついて行くという状況になりました。しばらくすると、クーさんが量子さんの尻尾や足に猫パンチをするようになり、それを嫌がって量子さんが逃げるので、大運動会へ。そこで一度、量子さんをケージに戻しました。ケージに戻すと量子さんは外が好きなようで、「出して」と鳴きます。いいのか、悪いのかわからんな~。

これを2度繰り返すと互いに疲れたのか同時に昼寝。

昼寝後、再度、量子さんを放すと嫌なのか、楽しいのかわからないくらい、大運動会をしたり、離れたりを繰り返します。互いに猫パンチを繰り返すくらいで、流血にはならないので、そんなに危機的な状況ではないようです。

クーさんが量子さんのお尻を追いかけている感じでストーカーポイです。大運動会をしていると、いつの間にか量子さんがクーさんを追いかけていたりして、なんか楽しそうな感じ。でも、追いかけている最中は、互いに背中を丸めてシャーのポーズをとります。

そして疲れてソファーで寝た図が、先ほどアップした画像です。最初は鼻と鼻をつけて、仲良さそうにしているんですけど、そのうち大運動会になるんですよね。

量子さんはだいぶ慣れたようで、クーさんのトイレでようをたすようにもなりました。

2日前のシャーの威嚇がうそのように走り回っています。こんなに劇的に変化するものなんですね。3を単位に変化すると聞きしますが、まさに3日目の変化でした。
ちょっと安心しました。

今日も量子さんはケージで、クーさんはいっしょに寝ることにします。
[PR]
by squbit | 2007-10-02 23:07 | メモ
多頭飼い-初日
ご存知の通り、クーさんには妹がいていっしょに家に来る予定でしたが、不幸なことにクーさんだけとなってしまいました。
クーさんを飼うときに、1匹ではなく、できれば2匹でと考えており、多頭飼いすることを考えていました。
3ヶ月を過ぎ手放しでもすくすくと育つようにもなりましたので、クーさんが大人になる前、なるべく早く2匹目を、と思っていました。

クーさんを飼う以前に、テレビで保健所に持ち込まれる猫や犬を保護し、里親を探す団体ライフボート友の会さんのことを知り、クーさんを飼うようになってからサイトなどを見ていました。たくさんの猫が里親を待っているの知り、見学会に参加して2匹目を探すことにしました。

以前伺ったときは、クーさんが小さいこともあり、大きな猫さんばかりで、クーさんに合いそうな仔がいませんでした。
今回は比較的小さい仔が多く、この中から選ぼうと決め、たいへん迷いました。
キジトラ、三毛猫、黒猫が数匹ずつおり迷いましたが、比較的小さく、他の猫をなめ、少しおっとりした甲斐甲斐しい仔なら、クーとの相性がよいのではと思い、三毛猫の「量子」さんを選びました。

「量子」さんはたいへん人懐こく、割と静かで、愛嬌を振りまくのがうまい仔でした。

しかし、家に来ると唖然、クーさんが大人しい猫というか、弱い猫というか。
「あ、これが猫だよね」と思わせる、本来の猫の姿を見せてくれました。
クーさんが普段しないことを軽々とやってくれますし、おっとりしているとはいえ、
暴れ方は大胆というかダイナミックというか。
1時間でダンボールの遊び場がバラバラに分解されました。
いやー、あっぱれ。

さて、クーさんとのお見合いですが、まずクーさんをキャリーに入れ、次に量子さんをケージに入れました。

最初5m位はなれたところに置きました。クーさんは異変に気付き見つめます。
しばらく時間をおいて慣れた頃に、3m位のとこにクーさんを移動しました。
クーさんはじっと見つめます。
ホテルにいたので他の猫とは接しているはずなので、そんなにびっくりしないかと、思っていましたが、意外とびっくりしていることがわかりました。

この間、量子さんはケージの中で暴れています。あまりクーさんを気にしていないというか、「あ、他の猫がいるんだ」という感じ。
普段から多くの猫と集団生活をしているので慣れた感じ。

しばらく見つめたままで、鳴くことはないので、クーさんをキャリーから出してみました。
見つめてはいますが、反応は特に無いので、クーさんを抱いて1m位まで近づきました。
するとクーさんが今まで聞いたことのないような声で「うー」と低い声で威嚇しました。
量子さんは特に気にしていない感じ。

ちょっとびっくりしているかなと思い、一度キャリーに戻し、また5m位離し落ち着かせる。

落ち着いた頃、また同じ工程を繰り返し、抱いたままそばに。
また同じように威嚇をしました。

最初は威嚇するものとのことでしたから、それ程激しく抵抗しているようにも見えなかったので、クーさんを放してみました。
最初は遠くにいましたが、徐々に近づきます。
1m位前になったとき、量子が「シャー」と鳴き、クーも「シャー」と鳴き、本格的なにらみ合いに。
しかし、ちょっと弱気なクーはうなりながら後ずさり。あれ、クーの方が大きいしお兄さんなのに...

ここでタイムアップ。

仔猫同士だからすぐ仲良くなるかと思いましたが、そんなに甘くありませんでした。
[PR]
by squbit | 2007-10-01 22:59 | メモ
第2回目ワクチン
第2回目ワクチンを打ちました。

前回同様、注射を打たれてもニャンとも言わず平然として、
獣医さんが
「小さい頃に痛い思いしたから、このくらい平気なのかもね~」
と、言ってました。

帰宅後もワクチンを打ったというのに一頻り暴れていました。
ついでに、念のためダニ退治の薬も。

ちなみにこんなことも言っていました。
「お腹がぽってりしてて、ちょっと太り気味の感触、体型はスリムなんだけどね」
え、食べすぎ...?
「下半身デブかな~」
え...
[PR]
by squbit | 2007-09-18 22:22 | メモ



頭のハートマークがトレードマークの猫です!
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
カテゴリ
以前の記事
リンク
お気に入りブログ
検索
タグ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧