続 生立ち(便秘編)
この前は生まれてこの家に来るまでの話だったけどナ、
その後に起きた苦しい話をするニャ。

ちょっと汚い話だけど聞いてくれニャ。

c0130958_21171258.jpg



前回、栄養失調と脱水症状の話をしたけど、それを解消するためにミルクをたくさん飲んだニャ。
でもニャ、おいらは暴れる力もないし、筋力もなかったから、鳴くしかできなかったニャ。
だから表面上は元気そうだけど、仔猫としては弱々しい状態だったニャ。
しかしそれは足腰の筋力だけじゃなかったニャ。

実はニャ、ミルクをたくさん飲むのは良いけどニャ、う○こが出なかったニャ。
普通、仔猫は消化不良で下痢はすることはあっても便秘になることはまれだそうニャ。
それで最初、単なる便秘だと思ってたんだけどニャ、何度も踏ん張ったけど出ない。
それがすごく辛くてニャ、そのうち、がんばりすぎて、せっかく飲んだミルクを戻してしまったニャ。

通訳はそれはそれはあせってナ、たまたま通訳の友達が獣医だったから、電話してどうすればいいか聞いたニャ。そしたら、人間の子供用でいいから浣腸をするとよい、っていうことで、はじめて浣腸されることになったニャ。

それはそれは苦しかったニャ。でも2時間後にようやくう○こが出たニャ。
出たのはよかったんだけどニャ、それからダラダラ出るようになってな、通訳にお尻を拭かれる拭かれる。そりゃ、辛かった。

それでニャ、出きったかと思われたんだけどまだ詰ってて、次の日も全然出なかったニャ。結局、夜に病院に行ったニャ。そこでニャ、綿棒を肛門に入れて中身を引っ張り出されたニャ。それはそれは屈辱的というか、苦しいというか、辛い体験だったニャ。

原因はニャ、消化不良もあったけどニャ、身体は小さいけど腸は成長したいたらしく、う○こが太く出にくいことと、体力や筋力が不足していたから、踏ん張るポーズはしても、踏ん張れていなかったそうニャ。だから便秘といっても、硬い便秘じゃなく、出せないという特殊な便秘になっていたニャ。獣医さんもこんなケースは初めてだったそうニャ。

結局それでも出が悪く、もう一度病院に行って綿棒入れることになったんだけどニャ、最終的に解決した方法は、ご飯にう○こが軟化する薬を入れてようやく解決したニャ。

何回も浣腸や綿棒を入れられて辛かったニャ。これでう○こが出ないと死んじゃうこともあるそうでナ、危ないところだったニャ。でも、普通の仔猫は体験することないだろうことを体験したからニャ、今となっては良い思いでかニャ。

通訳も寝ずの看病をしたからたいへんだったらしいけどニャ、それがひと段落したから、このブログをはじめることになったニャ。

皆も気を付けろニャ!



今日の体重:820g

1日1クリック1票のブログランキングにご協力お願いしますニャ。→
[PR]
by squbit | 2007-08-28 22:04 | 画像
<< 白い彗星 まちがえ探し >>



頭のハートマークがトレードマークの猫です!
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
カテゴリ
以前の記事
リンク
お気に入りブログ
検索
タグ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧